キッチンの水漏れ修理は原因を知るところから始まる

餅は餅屋に、水漏れは水道業者に

キッチンの水漏れが起こる原因

物事には全て理由があり、キッチンの水漏れも何らかの原因で発生しています。トラブルが発生したときは、まずその原因を突き止めましょう。

キッチンの水漏れは何故起こる?

キッチンの水漏れの原因は、十中八九老朽化であり、老朽化が原因で部品が破損してしまいます。この時、老朽化で最も怖いのが蛇口の故障であり、付け根からの水漏れは夜間の場合水圧が上がるため水漏れが発生しやすくなるのです。

水漏れ修理業者が来るまでの応急処置法

水漏れ修理は水漏れの修理業者に依頼すれば解決しますが、業者が来るまでの間にひとまず応急処置をしておきましょう。シンク下のトラップ部分から水漏れを起こしているなら発生箇所にガムテープなどを貼れば一時しのぎになります。ひとまずこれでキッチンは水漏れを起こさず使うことができますが、もちろんいつまでももつものではありませんし、他の場所から亀裂が発生する可能性が高いです。よって、業者が修理するまではキッチンはあまり使用しないほうが良いかもしれません。

様々な水漏れ修理方法

プロの修理業者は状況に応じて的確な施工を行います。ここでは、水漏れ修理時の具体的な施工内容について紹介していきます。

夜間に水漏れ修理を行なうメリット

作業員

キッチンの水漏れ箇所の中でも特に多いのが蛇口及び排水管のS字トラップの継ぎ目です。この二箇所は夜間の水圧が上昇している時に漏れていることがあるので、夜間にこの箇所を確認してみましょう。夜間に修理することで、水漏れを修復することができます。

水漏れ修理の方法

シンクとトラップの間から水漏れしている場合
シンクとトラップの間で水漏れが発生していた場合、主な原因としてパッキンの劣化やつなぎとめているナットの緩みが原因です。もし、ナットが原因ならばナットをきつく締め直しましょう。パッキンの劣化が原因ならば、パッキンを交換すれば大丈夫です。
シンクと塩ビパイプの間から水漏れしている場合
こちらも同じくナットもしくはパッキンの劣化が原因です。ナットを摘んでつまみ回してみて、回るようならばナットが緩んでいる証拠なのできつく締め直しましょう。パッキンの交換方法は共通です。
排水ホースから水漏れが発生している場合
こちらは排水ホースそのものを交換すればそれで解決できます。水漏れの原因は主に劣化による亀裂なので、応急処置で亀裂箇所にテープを貼るのも有効です。しかしあくまで応急処置なので、急いで新品に交換しましょう。